引越し挨拶状の書き方

引越しをした際に引越しした事を伝える為に挨拶状を作成しましょう。この挨拶状は新居へ引越しが完了した1ヶ月前後に出すのが一般的です。引越し作業が一段落してからでも良いですし、新居に引っ越して数日のうちに出しても大丈夫ですが、出来るだけ早い段階で送付するように心がけましょう。引越しの挨拶状の書き方がわからない場合には、書籍で調べるのも良いですが、インターネットがもう繋がっているのでしたら、ネット上で簡単に書き方を調べる事ができます。見つけた挨拶状を丸写しするのではなく、目的に応じてアレンジして使うとより自分らしさを出すことができます。挨拶状の書き方のお手本でわかる通り、挨拶状にもちょっとしたルールがあります。このルールがめちゃくちゃになると、よくわからない・わかり難い挨拶状になってしまいますので注意してください。まずは挨拶状の冒頭は時候の挨拶をいれ、この時に引越しをした事をしっかりと記載します。この挨拶を最初に入れずに、新住所から記載すると事務的な挨拶状に感じられてしまいますので注意です。挨拶の後には、相手の事を気遣う内容の文章を入れたり、引越し以外の自分の近状を報告したりと割と事由に書きましょう。そして最後となる文末にやっと新しい住所を記載するのです。地名や人名は読み方が特殊だったりする場合がありますので、わかり難いようでしたら漢字の横にフリガナをふっておくと親切ですね。送付する量にもよりますが、数が少ない場合にはなるべく手書きを心がけ、どうしても量が多くなる場合には、まとめて印刷会社などにハガキの作成を依頼しておくと良いでしょう。印刷を利用するにしても、自筆で一言入れるだけでもだいぶ印象が変わります。