引越しの過程

引越しの過程を見てみましょう。不動産屋で次ぎの引越し先が決まったら引越しをしなければなりません。引越し作業の中には、新居への荷物の搬出だけではなく、今いる住所から出て行く為の手続きなども行わなければなりません。役所などへの届出やそのた住所変更などの手続きは、引越し日が決まり次第徐々に終わらせておきましょう。引越し日が確定したら引越し業者数社へ見積もり依頼を出します。引越し業者を利用せず、自分たちで引越し作業をする際には、当日使う車の手配などを早めに済ませておきます。エアコンが設置されていて、引越し先へ移動予定ならばエアコンの取外しや取付けをどうするのかも考えておかなければなりません。引越し先で荷物が片付かないと困る前に、荷造りしたダンボールなどに直接中身を書いておくか、部屋ごとに色分けして目印を付けておくと作業がスムーズになります。引越しで荷物をダンボールに纏めますが、引越しは不用品を必要品を分けるのにとても良い機会ですので、不用品は新居へ持ち込まないよう処分してしまいましょう。捨てるのが勿体無いアイテムは、リサイクルショップに持ち込むなどすれば良いでしょう。粗大ゴミを引越し業者や専門の業者へ依頼する場合には良いのですが、市区町村で行っている粗大ゴミ回収サービスを利用する際には、粗大ゴミを出す日などが決められてしまいますので早めの対処が必要です。子供が在学中の場合には、転出証明書や教育委員会からの異動票を学校へ提出しなければなりません。特に役所で行う手続きの中には、手続き漏れがあると面倒なものもありますのでしっかり確認しておきましょう。以上が引越しの過程です。