引越しの荷造り・書斎

引越しの荷造りをする場所で重労働となるのが書斎です。書斎の多くは本やCD・専門書などその人の仕事や趣味等が詰まった場所だからです。引越しの荷造りで書斎の物を片付ける時にはあまり大きめのダンボールは使用しません。本などは少ない数でも重くなるので、ダンボールに詰め込みすぎると引越し屋さんだけでなく、荷解きをする際にも大変になるからです。棚に並んでる順番でダンボールに詰めていき、@・A・B等のようにダンボールに数字を記入しておけば、順番通りに開けて棚に並べるだけでいいので便利です。引越しのついでにいくらか不要な本等を処分してしまう方法もあります。荷物も減りますので、ダンボール個数で料金が変わってしまう引越し屋さんを利用する際には不要な物は処分した方が料金が安くなります。家具やパソコンは引越し屋さんが梱包してくれますが、万が一の為に電子機器はバックアップを取るようにしてください。やはり運搬する事を考えると少なからず振動はありますし、運搬の際のトラブル(衝撃によるデータ飛び等)は引越し屋さんでは保障しかねます。モニターが割れているなどの場合は別です。パソコン周りの機器やコードにはそれぞれに目印を付けておきましょう。何処と何処を繋ぐケーブルかわかるようにします。精密機器は振動や衝撃に弱いですから不安になる方もいるでしょう。梱包の時には立会い、ちょっとでも梱包に不安を感じた場合には遠慮なくその旨を伝える事も大事です。ノート型のパソコンでしたら自分で新居まで運ぶ方が安心です。