賃貸契約の解消

引越しをする際には当然の事ながら現在住んでいる住居の賃貸契約を解消しなければなりません。賃貸契約を解消するには、賃貸契約書に記載されている期間で行うようにしなければトラブルの原因にもなるのです。たとえば賃貸契約を解消する場合には、解約日の1ヶ月前までに申し出るといった具合に記載されています。1ヶ月や2ヶ月といった期間は貸主や不動産会社により違いますので、最初に入居した際に確認しておきましょう。賃貸契約書には重要事項も記載されていますので、入居時から無くさないようにしっかり保管しておきましょう。賃貸契約書で定められた期間よりも退去時の連絡が遅くなってしまった場合、記載された期間の家賃が請求されてしまいかねませんので賃貸契約書には必ず目を通しましょう。賃貸契約の解消手順として、引越し予定または引越し日が決定次第、不動産管理会社や大家さんへ必ず連絡します。引越し当日は部屋の状態を確認する為に大家さんか不動産管理会社の方が立会い、室内をチェックしていきます。室内チェックが終了したらそのまま鍵を返却します。数週間以内に室内の原状回復に必要な修繕費用の見積もりが郵送で届きます。この時に修繕内容をしっかりとチェックしましょう。見積もりに異論がなければ修繕作業が行われ、最終的には原状回復費用と賃料不払い債務が引かれ、敷金が残るようでしたら残った敷金が戻ってきます。なかなか物件が見つからない場合もありますが、その場合には引越し予定がある事を伝えておくだけでも大分違いますので連絡は早めにしておきましょう。