新住所での賃貸契約

住みたい賃貸物件が決まったら、貸出している大家さんと賃貸契約を結ばなくては住む事ができません。物件を取り扱う不動産屋さんと一緒に、めぼしい物件が見つかるまで色々な物件を見て回り、借りたい物件が見つかったら入居申込みをします。入居申込みを受ける貸主と不動産管理業者間で、入居申込みをしてきた方の審査が行われます。この審査で賃貸契約に問題が無いと判断されれば書類作成後入居できます。審査完了後は速やかに準備が出来るように、必ず必要となる連帯保証人を見つけておきましょう。折角物件が見つかって審査も通ったのに、肝心の連帯保証人が見つからず手続きに手間取ってしまうなんて事がないようにしましょう。賃貸の契約が成立する前にかかる費用に、申込金や預かり金といった名目の料金が発生しますが、賃貸契約する際に契約金として割り当てられる料金ですので、入居申込み審査には通っても、なんらかの理由により物件をキャンセルした場合には全額返金されるようになっています。不動産屋さんは重要事項の説明をする義務がありますが、この説明と賃貸借契約が重複して行われる場合が多く少々ややこしいですが、万が一なにか疑問に思う事や不安になるような時には、そのままうやむやにせず、納得行くまで質問し理解してから契約書にサインします。入居時に必要になる書類には、本人確認書・収入証明・在籍証明書・入所者全員の記載されている住民票・印鑑となり、連帯保証人の署名が契約書になければなりません。