ニキビができやすい食べ物

食事の内容によって体内の環境が変化し、ときにはニキビができやすい体質に変わってしまうことがあります。
そのため、ニキビのために良くないといわれている食べ物を控えることで、ニキビの原因を取り除くことができます。
ここでは、ニキビができやすくなる食べ物を紹介します。

 

・炭水化物
米やパン、麺類に豊富に含まれています。
これらはそれほど糖分が含まれていないというイメージがありますが、炭水化物は体内で糖分に変化し、さらにその糖分から脂分へと変わっていきます。
そのため、炭水化物を過剰摂取するとニキビが出来やすくなるのです。

 

・デザート
甘い物は美味しくて誰もが魅かれる食べ物ですが、特にケーキやチョコレートには糖分や脂分がたくさん含まれているため、ニキビが出来やすくなると言われています。
甘さ控えめを謳っているものでも、デザートには脂分がたくさん含まれているため、ニキビを予防・改善したいのであれば、できるだけ控えた方が賢明です。

 

・揚げ物
揚げ物も脂分が多く、ニキビの原因となります。
また、揚げ物でなくとも、肉類は動物性脂肪を多く含むため、過剰摂取するとニキビが出来やすくなります。
ニキビ改善のためには、肉類の代わりに魚を食べることをお勧めします。

 

・酒
お酒はニキビによくないとはあまり言われていませんが、お酒には糖分が含まれているので、飲みすぎないよう注意してください。
また、お酒を飲みすぎると内臓に負担がかかり、内臓が悪くなることで、ニキビができやすくなってしまいます。

 

・辛い物
辛い物は、胃に刺激を与えるため、内臓への負担が大きくなってしまいます。
美容のために辛い物を食べる方もいるようですが、辛いものに体が慣れていない場合、身体に負担がかかってしまい、ニキビの原因となることもあります。